香りと好感度

先日、電車に貼ってあった広告にふと目が留まりました。

男性用の化粧品の広告で、見出しが

「香りで好感度が上がる説」 というもので。

いずれも香りのある男性について女性にとった

アンケート結果が載っていて

私が見たのは2タイプの広告でしたが興味深かったです。

 

ほんとに香りで好感度が上がるのか?

おそらくこれは「Yes」が過半数以上と予想します。

しかし最大のポイントは

「程よく」。

女性でも男性でもときどき遭遇しますね、

3メートル先でも香るくらいの強い香水をつける方。

あれが好まれるのはきっと少数派でしょう。

強すぎる香りはアピールするにはいいかもしれませんが

心地よさという点では(個人差もありますが)

ほのかに香る付け方が好感度を上げると思います。

日本人の感覚は繊細。

桜の香りや儚さに心が緩むような文化ですから

ガツンと来られると、それが目に見えないものでも

一発殴られたような(笑)ショックとして

印象づくのではないかな。と考えます。

 

精油で作る自然香水はその点安心。

香りの持ちは良くないですが、

自然界の成分なので大抵ほのかに香る程度です。

lyktでは個性や好みに近づけてお作りすることもできるので

より「あの人の香り」を印象づけることができますよ。

これまでも男性の香水を何度かお作りしたことがありますので

どうぞお気軽にご相談ください。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA