いい香りをつくるにはまず◯◯が大事|アロマ香水

調香に興味を持ってアロマブレンドを始め、我流を含めもう随分経ちます。
最初は好きな香りを混ぜる、という単純なことでしたが、ある時から「表現する」意図を持ってブレンドするようになりました。

.

調香を始める前にはまず、イメージから

アロマの知識や香りの高さなどはもちろん知っている方が良いです。でもそれよりも私が大事と思っていることは2つあります。
そのひとつめは、「イメージを具体化すること」。「こんな感じの香りがいいな」と最初はほんわりでいいですが、いざ香りを組み立てるときにそこがほんわりしたままだと香りを選びきれません。「今日はこういう方向で」と、方向性だけでもはっきりさせましょう

.

香りをおぼえることも大事

この香りはこんな香りだな、というそれぞれの香りの個性を、自分なりの解釈ですみ分けておくことも必要です。お花の香り、といっても色々です。甘い香りなのか、爽やかさなのか、花に何を求めているのか、何に惹かれているのか・・・
イメージに近づけていくためにどの香りがしっくりくるのか。香りは個人的な感覚だけに、ここは大事だと思います。

.

最初は好きな香り3つから

難しいことを二つ書きましたが、全くアロマさえもわからない、という方は、難しく考えずに好きな香りを3本選んでください。トップやベースなど香りの高さ、ハーブ調やフローラルなどのカテゴリーも気にしないでください。「好き」で選べばそんなに失敗はないはずです。そしてそのの3つの香りを、微妙に分量を変えてブレンドしてみてください。たった一滴で香りの印象が変わってしまう体験を積み重ねて、楽しみながら取り組めばそれが一番いいと思います。

—-

リクトでは個人の調香レッスンも随時受け付けています。ご希望の日程を添えて、お気軽にメッセージください

.