lyktについて

lykt(リクト)はアイスランド語で「香り」を意味します。

手入れされた花も素敵ですが、自然の中でたくましく生きている植物に惹かれます。その北のイメージを込めて名付けました。

香りはふわりと現れて消えてしまうもの。目に見えず、捕らえようもないけれど心に深く残るほどの魅力があります。

 

イメージは自由です。その自由さを香りで表現し、心の豊かさにつなげたいと思っております。

——————————————————————
■ リクトのこだわり

アロマという言葉がだいぶ定着し生活の中に香りを取り入れることが多くなったと感じています。しかし香りの強すぎるものや香りを使いすぎることもあり、それらが香りへの印象を悪くしている一面もあります。

香りはもともと生きた物に存在するもの。言い換えれば、生きるために香りが存在しています。アロマテラピーに使われる植物から採れるエッセンシャルオイルは、その場から移動できない植物がそこでなんとか生きていくために変化していったその本質が詰まったものです。生きているものはやがて枯れて死にゆくように、香りも本来は変化して消えるものです。人は「いつまでも」「永遠に」を求めますが、香りにそれを求めることも本当はできません。科学の力を借りれば「永遠」に近いことが可能になることも多くなりましたが、できれば「生きている香り」をぜひ知ってほしいと思うのです。

リクトで扱う香りはすべてエッセンシャルオイルをブレンドしてデザインしています。普段の市販の香水に慣れている方には、物足りなさやもどかしさを感じるかもしれませんが、使っていくと次第にその物足りなさが心地よさになっていくと思います。

強い香りで麻痺した嗅覚をリセットし、人本来の力を取り戻す。
そういう力にもなれると思っています。

 

ーー

アトリエ

東京都文京区千石4-46-7 千石アトリエ203

JR「巣鴨」より徒歩8分、地下鉄三田線「千石」よる徒歩2分

*アトリエ開放日以外は閉めておりますので、ご来店の際にはあらかじめご連絡ください。