リードディフューザーの作り方|アロマライフ

数年前にインテリアショップなどで登場し、今やドラッグストアで見かけるまでになったアロマグッズ「リードディフューザー」をご存知ですか?
瓶に棒が刺さってる、あれです。(品のない説明ですみません)棒のことをリードとかスティックと呼ぶようです。

インテリアショップでは5000円くらいするでしょうか。でもまあ、香料を精油だけで作ったらそれ以上するでしょう。
しかし「ちょっと試してみたいだけ」ならば、ちょっとだけ作ってみることはできます。

リードディフューザーの作り方

用意するものは、瓶とリードと精油、エタノール。液体を混ぜて瓶に入れてリードを刺すだけです。あっというまです。

精油とエタノールの対比は1対10が目安。揮発のスピードを和らげるためにグリセリンを混ぜるとすこし良いです。精油の瓶からの一滴は0.05mlなので、たとえば30mlのものを作ろうとしたら3mlなので精油は60滴。使うものによってはけっこう高価なものです。
「ただいい香りが欲しいだけ」ならば、精油ではなくアロマオイルとかフレグランスオイルという名前で売られている香料を使うといいでしょう。それ自体に香りの定着剤などが入っているのでおそらく変わらない香りが長持ちしそうです。

わたしはどうにも人工の香料が苦手で体がもたないので(笑)、精油で作ります。精油で作りたい!という方は、万人ウケしそうなこの香りで試してみてはいかがでしょうか。

「フレッシュなハーブとフルーツの香りのブレンド」

・精油 オレンジ、レモン、各10滴
    ローズマリー 6滴
    ペパーミント 4滴
・無水エタノール 25ml
・グリセリン 2ml

精油とエタノールを混ぜ、最後にグリセリンを入れて、リードを刺しましょう

精油をブレンドするときは、いきなり指定の量を1種類ずつに入れるよりも、
少し少なめの量で混ぜていって自分の好みのところで止める、というのがうまくいくコツです。

次回の出店6月3日にも、1種類、ミニサイズのリードディフューザーをお持ちします。14時より STAND GINZA/80でおまちしております。