レモングラス・殺菌消臭以外の使い道は?

テレビがない生活なので一歩出遅れましたが、たまたま目にしたどなたかの投稿記事に、某朝番組で「レモングラスが靴の消臭、殺菌にいい!」みたいな紹介をされたとあったので、レモングラスについてちょっと書いてみたいと思います。

●レモングラスって何?●

精油はいろいろな植物から採れます。お花だけではありません。レモングラスはイネ科の葉っぱ。シュッと美しい潔いラインの黄緑の強そうな葉っぱです。

葉っぱですが、レモンに含まれている成分と同じものが入っているので、レモンみたいな香りがします。レモンと比べると濃くて強い印象です。苦手な方もいます。

●レモングラスは消臭、殺菌にいいらしい。それ以外は?●

アロマはどうにも、消臭、殺菌などに「つかえる」という情報がメインで取り上げられてしまうので、ナチュラルな洗剤や芳香剤の代わり、と思っている方もまだ少なくないかもしれません。たしかにそういう使い方もありです。実際私もそんな風に使ってる部分もあります。実用的な点では虫よけにもよいです。

そういった実用的な働き以外ではどんなことが期待できるのか?

心の面ではリラックスへ導く働きがあります。

殺菌して虫よけもしてぐっすりと眠れる。これからの季節は良いお供となりそうですね。

●香りが苦手ならブレンドしましょう●

使える精油、といってもやっぱり「この香りがどうしてもダメ」というときには無理して使わなくていいです。
でも、どうしても、つかってみたい!嫌な香りだけど使ってみたい!
という方は、レモングラス単品ではなく、他の精油を加えてオリジナルのブレンドをしてみてください。ブレンドすることで苦手な部分が影を潜め、冴えなかった部分が映えてきて「え、結構好きかも」となることは以外にも多いです。

ブレンドって難しい!と思う方は結構いらっしゃるようですが、深く考えず、気になった香りを混ぜてみてください。まずはやってみることが大事です。頭でっかちにならないように。

リクトで個人でも対応している「いい香りをつくるレッスン」は、いろいろな香りを嗅いで、自分で決めて、ブレンドします。アドバイスはしますが、決めるは自分。
精油をいきなり揃えるのはハードル高い、という方も、ぜひレッスンをご利用ください。