art|アートと香り

個展終了。言葉と香りと写真展

二日間のみの個展、無事に終わりました。
ありがとうございました。

今回は、香りだけでも 言葉だけでも 写真だけでもつくれない
空間丸ごと が作品。
ですから、来場された方は
作品の中に入って鑑賞いただいた、という感じですね。

ふらりと入ってきた方は、写真展だと思ってするーっと回って帰られたり(笑)
写真展としてはまったくなってないですから、多分その方には物足りなかっただろうなと。

香りをどう伝えるのか。
目に見えないものをどう伝えるのか。
目に見えないけれど確実に届いている、というその影響力に
どう、気づいてもらえるのか。

アロマテラピーとしては、気づかないうちに、というのも大事なポイントなので
本当に難しいことをやっていると、自分でも思います。笑

しかしこれからの時代は、目に見えないものをちゃんと捉える力が必要になるはず。
あらゆる情報や物資があり、その中心はちゃんと自分であるかどうか。
そこが、大事なことだと思います。

体感する、という体験。
香りは足を運ばなければ感じることができない少ないものものの一つ。
生命維持以上の、心も豊かな生き方をするには、有効なツールだと思います。

展示はしょっちゅうできませんが、
香りを体感できるアトリエは、もう少し続けていく予定です。

—-
どうしても足を運べない、忙しいあなたに。遠くてアトリエに行けないという方に。
「会わずに自分の香りを調香」できるセッションを、ただいまモニター価格で実施中です。
気になる方はお問い合わせください。