魔除け香水?|スピリチュアルアロマ

以前にもどこかで書いたかもしれませんが、うちにサイトにいらっしゃる方のキーワードに「魔除け」がかなり多いんですよね。
今日は節分なので、なんとなくそういうことを書くことにしました。

香りが魔除けになる理由


.

魔除け、という言い方は実はあまりしっくりこないのですが、
邪気払い、とか 浄化、という言葉なら個人的に納得いきます。
魔除け、というと 「魔」がいる前提でなんだか怖いので。

さて、なぜ香りが魔除けになるかも?と思われるかといえば、これはずいぶん昔、紀元前くらいまでさかのぼります。日本ではなく、中東の歴史のなかに、香りを焚いて神に捧げるという風習があります。上に立ち上っていく様が「神につながる」とされ、儀式などで使われていました。日本でもお寺でお香を焚きますが、あれと同じですよね。

アロマテラピーでは精油を使うので、焚くことは一部の場合です。焚いたとしても目に見えません。しかし香りは上に登っているのです。目に見えなくても上に立ち上る。揮発性の有機化合物。人口の香水で使う安定剤・定着材入りのものではこの役目は少々薄いのではないでしょうか。

.

魔除け、浄化にオススメのアロマブレンド

揮発性の高さで言えばレモンですが、歴史の中でよく登場するのは
フランキンセンス、ローズマリー
これらをうまくブレンドして好みの香りを探っていくのがいいと思います。

ブレンドのコツは「メインにしたい香りを決めること」。
あれもいいしこれもいいし、と迷ってしまうと落ち着かない香りになりがちです。そういうときにはいっそ2種類作って使い分けた方がいいでしょう。

.

魔除けアロマブレンドレッスン?

通年通してこんなにも需要がありそうならば、いっそ魔除けに特化した調香レッスンをしようかな?と考えています。
個人レッスンも可能ですので、ぜひ日程希望など合わせてご相談ください。

.

.

香り「S」シリーズ、スタートします|インテリアと香り

香りのものがあれこれ店頭で目につくようになりました。
お花と絡めたもの、ガラスと絡めたものはもう手一杯ある印象。
余程のセンスがなくては埋もれてしまいそうです。

そこで、あるときふとこんな考えが頭をよぎりました。

「そういえば、CDのジャケ買いしてたなあ」

CD業界も今は苦戦とのこと。でも、昔は「ジャケ買い」という
音楽聞かなくてもなんかジャケットがいい感じだから、という理由で
割とCD買ってたんですよね。

それを、香りでもできるんじゃないか? と思いついたのは昨年秋の初めのこと。 “香り「S」シリーズ、スタートします|インテリアと香り” の続きを読む

やはり人気だったアロマチェック。神楽坂バザールありがとうございました

ずいぶん遅くなりましたが、
1月20日のイベント出展報告です。

リラクゼーション系の方々が集うイベントへ久しぶりの出展。
同室の方々と楽しい話をしたり、
あっという間の6時間でした。 “やはり人気だったアロマチェック。神楽坂バザールありがとうございました” の続きを読む

打ち合わせ最終段階|パーソナルカラーアロマ

1月20日よりスタートするパーソナルカラーアロマ「色香」の最終打ち合わせをしてきました。今回関わっていただくのは、長年のお付き合いのあるカラーの専門家。色に関する監修をしていただいております。

今日は「どうつかうか?」というディスカッションをし、実際にクライアントになったつもりでやりとりしてみました。
“打ち合わせ最終段階|パーソナルカラーアロマ” の続きを読む

香りで開運、はできるのか?|スピリチュアルアロマ

開運、引き寄せが一部の人の言葉ではなくなった今、ずいぶん意識される方が多くなったように思います。あなたが普段から気にしている「運気」に関することはなにかありますか?

良くある開運アイテム

“香りで開運、はできるのか?|スピリチュアルアロマ” の続きを読む

自分を引き立てる香りとは|パーソナルカラーアロマ

パーソナルカラーをご存知ですか?それは、その人の生まれ持った肌や髪などの色と雰囲気が調和した色のことです。友人と同じ色の服を着てもなぜかぱっとしない。似た色味なのになぜかこちらの方がしっくりする、という経験はありませんか?パーソナルカラーを知ると、そういった失敗が少なくなるそうです。

パーソナルカラーは色だけではない?

パーソナルカラーは春、夏、秋、冬の4つのシーズンに分けられています。そしてさらにこれらは、色の傾向だけでなく、キャラクターの傾向までそれぞれあるそうです。

たとえば、春は無邪気でフレッシュ、夏はエレガントでつつましい、秋はエスニックまたはゴージャス、冬はクールで個性的、など。面白いですね。

色と香りには関係がある?

さて、なぜこんな話をしているかというと、色は視覚だけでなく色と香りの関係もあるからなんです。わたしが調香をするときにほぼ毎回「それは色にたとえるとどんな色?」という質問をします。色と香りは関係が深く、10年ほど前に通った某アロマ空間デザインのスクールでは、色と香りをよく勉強しました。インテリアデザインを学んだときには 色とイメージの勉強もしたので、それらがなんとなくすべてつながっているような気がします。

またアロマテラピーの方面から見ると、その方の選ぶ香りからその人が見えてくることがあります。そして次第に、これらはもしかしたらパーソナルカラーと関係があるかも?と思うようになりました。

そんな経緯のもと、このたび、パーソナルカラーアロマをはじめることにいたしました。パーソナルカラーをすでにご存知の方はもちろんそのグループの香りを使ってもよし。知らない方はなりたいイメージをパーソナルカラーの特徴から選んでしっくりするものを試してもよし。気分によって使い分けてもよし。そんなふうに自由にお使いいただければと思います。

こちらは[色香~iro-ka~]という名前で1月20日の神楽坂バザールでお披露目予定です。

こちらに関する情報はまた後日お知らせいたします。

変化を恐れない人になるには|香りと体感

一夜明けて、2019年となりました。
明けましておめでとうございます。

今年は、春からは年号も変わる、という
変容の一年になりそうですね。
変わる、ということに不安を持つ方は多い印象です。
わたしも、一部そうでした。

でも変わるのは悪いよりもいい面の方が多いです。
一見そのときは大ショックで落ち込む出来事であっても
その後、その変化によってつかめたチャンスや、
視点を変えざるを得ない状況のおかげでクリアできたこととか、
「今思えば」あれでよかったのかということの方が多いです。
もしくは、「あれはこのためだったのか」と
思えることも本当にあります。

時間は経つのですから、
変化しないほうが不自然。
変わるという前提で生きていくほうが、
変わらない方法を考えるよりも数倍楽しく
生きられる気がします。

変わる、ということに恐れなくなったそのひとつには
おそらく、
香りと向き合う時間があるためと思います。
自然の香りは時間が経てば消えます。
変化もします。
とどまること、変わらないことは
とても難しいのです。
それを香りから学び、
おそらくそれが、他の感覚にも影響しているのだと思います。

香りは本能や感覚に一番近く近づきます。
香り、ということについて
多くの人にぜひ、体感をしていただき
世の中の「なにか」をうごかしたい。

今年もいろいろなところから、
香りを届けたいと思っています。

本年もよろしくお願いいたします。

本年もありがとうございました

年末年始は実家で過ごしております。
みなさんはどこで新年を迎えるでしょう?

リクトは今年一年、銀座でのマーケットに始まり
後半はアトリエの所有、香階ワークショップ など
いろいろと動いた年でした。
行く先々でご縁を結んでいただき、
今後も広がりを期待できそうな予感がしています。

ひとまずはご挨拶まで。
写真は2018年12月31日の根室の夕暮れです。

今年もどうもありがとうございました。