「会わずに理想の香り・・・」のモニターは今月まで

おしらせです。

春から実施している「会わずに理想の香りをつくる?」のモニターさん募集を
6月いっぱいで締め切ります。

どんな内容か、今一度説明をすると・・・

「こんな香りが欲しい」というご希望のほか、
そのイメージに関する質問や生年月日など およそA4シート1枚分の質問にお答えいただき、1〜2回のやり取りののち、香りのレシピとサンプルをお渡しする。
というものです。

ひとつ、モニターさんからいただいた感想をアップします。

—-

Q1 香りはイメージ通りでしたか?
はい!もちろん!期待以上のアロマ香水でした。 

Q2 感想やご意見をお願いします 
朝晩、毎回香水をつけています。季節の変わり目だからなのか少し気持ちが追いつかないところもあるのですが、そんなときにこれをつけると爽やかな気分へと一瞬で変わります。気持ちを切り替えるために、使っている感覚があります。そして、香水ですので、ずっと香りに包まれていて、なんとなく気持ちがいつもよりも安定している感じがしています。とにかく香りが私好みでした。詳しく生年月日より私に合う香水を作ってくださり、実際に届きつけてみるとやっぱり私に合っていたようです。とても好きな香りでした。本当に色々とご丁寧な対応、ありがとうございました。

・・・こちらこそありがとうございました。

幾らかイメージの参考になればと思います。
こちらも併せてご覧ください
http://lykt.blue/aroma-blend/looking-for-people/

こちらは、今後6〜8千円相当のメニューで考えておりますが、今回は4000円で承っています。おもしろそう!と思った方、是非、トライしてみてください。

おまちしています。

大人の香水のつけ方

一日中雨、という日も多い季節に突入しました。
ジメッとしているのは空気だけでなく、なんとなく気分もジメッとしてきます。
そんな時こそ香りで気分を切り替え。「せっかくだから周りのみんなにも気分良くなってもらおう♪」と沢山つけるのは、NGです。

香りを沢山つけてはいけない理由

続きを読む →

魔除けの必要|魔除け香水、アロマ香水

「魔除け アロマ」の検索でこちらへ来られる方、本当に多いのでびっくりです。
世の中そんなに魔除けを必要としているのでしょうか。

そんなとき、タイムリーに魔除けに関する話題が取り上げられていたので、それを参考にしながら少し書いてみようと思います。

魔除けとは?

魔除けは昔から重視されてきました。魔除け、というよりもお祓いとかの表現の方がしっくりくるかもしれません。「魔」とは邪気であったり、低級の霊であったり。そういうものから身を守るために、魔除けやお祓いをしています。
もし「魔」に身を乗っ取られたら・・・ たとえば、恐ろしい事件の主人公になってしまったり、ということになるそうです。自分ではないものの仕業によって自分が大怪我をしたり、人に危害を与えてしまったりするようです。

魔除けの方法

そんな「魔」から身を守る方法はいくつかあります。

●塩
舐めたり、いつも持参したり、お風呂で使ったり。盛り塩もそうですね。ぜひ自然塩を使ってください。

●煙
ホワイトセージを焚いて場の浄化をしたりします。

●パワーストーン
それぞれ意味をもったパワーストーン。「ラピスラズリ」「オニキス」「翡翠」などは特に魔除けなどに働いてくれるそうです。

●香り
煙と同じく、香りも上に登るものなので、魔除けに良いとされています。また、アロマ香水で使うエタノールも揮発するので邪気を寄せ付けないはたらきがあるそうです。

魔除けに良い香り

精油のなかでは 「ローズマリー」「フランキンセンス」「ラベンダー」などがおすすめ。ローズマリーは特にヨーロッパの方で魔術や同じ内でたびたび使われてきました。フランキンセンスは薫香の時代から儀式に用いられてきた、霊を寄せ付けないもののひとつです。スピリチュアルなお仕事や霊感の強い方、あとは もしかしたらナースさんなんかもこういったものを使うといいかもしれません。

リクトでは香りの相談をしながらつくっていく「アロマ香水コンサル」や、アロマを学びながら自分で香りを選んでつくる「アロマ香水レッスン」があります。
魔除けをテーマに、自分好みの香水を持っていると、安心して過ごせそうですね。レッスンも随時ご希望の日で設定しますので、お気軽にお問い合わせください。

アロマコンサルとアロマ香水レッスンの違い|メニュー説明

リクトの2つのよく似たメニュー、「アロマ香水コンサル」と「アロマ香水個別レッスン」。いずれも金額同じ、で、何が違うの?という説明を 今更ですがブログで書いてみようと思います。

アロマ香水コンサルとは

どんな好みか、用途か、イメージは・・・などと合わせて 生年月日やパーソナルカラーも参考にして調香するセッションです。 対面で香りを試しながらイメージのすり合わせをします。

「いい香りをつくる」アロマ香水個人レッスンとは

あなたの「いい」ってどういうこと? というイメージを会話から掘り下げていき、
その答えを元手に香りを選んで調香していきます。調香する前にアロマに関する知識もお話しします。

どちらのメニューを選んだらいい?

自分を知りたい。自分にあった香りが欲しい、など。香りのセレクトをお任せしたい方は「アロマ香水コンサル」がいいと思います。

自分の感性を高めたい。哲学的なことも好き。せっかくだから自分で色々やってみたい、という方は「アロマ香水個人レッスン」がおすすめです。

いずれも希望日をご予約頂き基本的にリクトのアトリエで行いますが、それ以外の場所へ出張も可能な限り対応致します。

アロマ香水レッスンは、グループレッスンで6月22日現在募集中です。

https://www.facebook.com/events/2559904747352996/

レモングラス・殺菌消臭以外の使い道は?

テレビがない生活なので一歩出遅れましたが、たまたま目にしたどなたかの投稿記事に、某朝番組で「レモングラスが靴の消臭、殺菌にいい!」みたいな紹介をされたとあったので、レモングラスについてちょっと書いてみたいと思います。

●レモングラスって何?●

精油はいろいろな植物から採れます。お花だけではありません。レモングラスはイネ科の葉っぱ。シュッと美しい潔いラインの黄緑の強そうな葉っぱです。

葉っぱですが、レモンに含まれている成分と同じものが入っているので、レモンみたいな香りがします。レモンと比べると濃くて強い印象です。苦手な方もいます。

●レモングラスは消臭、殺菌にいいらしい。それ以外は?●

アロマはどうにも、消臭、殺菌などに「つかえる」という情報がメインで取り上げられてしまうので、ナチュラルな洗剤や芳香剤の代わり、と思っている方もまだ少なくないかもしれません。たしかにそういう使い方もありです。実際私もそんな風に使ってる部分もあります。実用的な点では虫よけにもよいです。

そういった実用的な働き以外ではどんなことが期待できるのか?

心の面ではリラックスへ導く働きがあります。

殺菌して虫よけもしてぐっすりと眠れる。これからの季節は良いお供となりそうですね。

●香りが苦手ならブレンドしましょう●

使える精油、といってもやっぱり「この香りがどうしてもダメ」というときには無理して使わなくていいです。
でも、どうしても、つかってみたい!嫌な香りだけど使ってみたい!
という方は、レモングラス単品ではなく、他の精油を加えてオリジナルのブレンドをしてみてください。ブレンドすることで苦手な部分が影を潜め、冴えなかった部分が映えてきて「え、結構好きかも」となることは以外にも多いです。

ブレンドって難しい!と思う方は結構いらっしゃるようですが、深く考えず、気になった香りを混ぜてみてください。まずはやってみることが大事です。頭でっかちにならないように。

リクトで個人でも対応している「いい香りをつくるレッスン」は、いろいろな香りを嗅いで、自分で決めて、ブレンドします。アドバイスはしますが、決めるは自分。
精油をいきなり揃えるのはハードル高い、という方も、ぜひレッスンをご利用ください。

池袋waccaのハンドメイドイベントに参加します

7月ですが、ハンドメイドイベントに出店することになりました。

ハンドメイドイベントはたくさんありますが、アロマって難しいんですよね。
ハンドメイドと言っていいのか・・・
そもそも、香りお断り、とされる団体も結構あるのです。

そんななか、「子どもっぽくなく」「香りも受け入れていれる」素敵なイベントをみつけました。

アトリエ・ハンドラヴェット 様

手仕事を通したコミュニケーションの場を、というコンセプトだそうです。
名前も「アトリエ」ということで勝手に親近感。笑

当日の出し物はまだ考え中ですが、基本的にアロマ作品の販売です。
昨年作成した「アロマタブレット」、香りが薄くなりましたのでディスカウントして販売しようと思います。ミツロウが空気をキレイにしてくれる働きは残っていますよ。

photo by MASAYAPHOTO

ほかには、1drop_aroma「S」や、ルームフレグランス。
調香はできそうであれば。
詳細決めましたらまたご案内させていただきます。

—-

アロマレッスンは随時受け付け。お一人様歓迎!アロマはわからなくてもOKです。

五感を使う

先日、ユニバーサルマナー検定、というものを受けてきました。

わかりやすく言えば、障害のある方へのマナーの知識と方法について学ぶ内容です。
(気になった方はこちらのサイトをどうぞ→ 日本ユニバーサルマナー協会

研修では、座学と実技とがあり、そのなかで実際の障害のある方の疑似体験をすることもありました。言葉ではよく聞く「五感を研ぎ澄ます」ということ。実際に視覚を遮ったり聴覚を遮ってみて、「ああ、こういうことなのか」とちょっとだけわかった気がします。

(photo by naomi/aikasumi)

今はほぼひとりにひとつスマホの時代。そんなこともあり視覚ばかりが酷使されている気がするのは私だけですかね? 忙しさを理由に、「スマホとともに◯◯」というのは、せっかくのこの三次元空間で生きている環境の味わいを半減させている気がします。

〜 まずは目を閉じる時間を、眠る以外に1分だけつくる。 〜

そこでリセットされると同時に、視覚以外から感じる気配を味わう訓練が出来ると思います。使える感覚は、使ってあげましょう。せっかくなので。

嗅覚を鍛えるには、自然の香りに親しむのがおすすめです。

.

バラの香り

バラの季節、ということでバラ園へ行ってみました。
あちこち魅力的なバラ園がありましたが、「香り」に注目していた「四季の香 ローズガーデン」へ。

こんな風に体験できるようになっていました。素敵。

大きくはないですが、とても充実していて
よいバラ園でした。個人的おすすめ。

普段は精油を扱っていますが、生花の香りの方が好きです。
実はローズの精油の香りはあんまり得意ではないのですが、生花のあおっぽいフレッシュな香りはむしろ好きです。まだまだバラの季節、見るだけでなくぜひ、香りも感じて来てください。

「ふんわり」ってどんな感じ?|アロマ香水レッスン

先日根室にて、2名さま 個別に「いい香りをつくるアロマ香水レッスン」を受けていただきました。それぞれ使いたいシーンは異なりましたが「ふんわり」イメージは共通キーワード。

ふんわりな香り、って あなたならどんなのを想像しますか?

言葉だけではわからない、その「いい感じ」を香りへ変換するのがこのレッスン。
言葉から、香りから思いを引き出すことができる(引き出されてしまう)。キーワードは似ていましたがこの日のお二人は異なるテイストの香りをつくられました。

今回場所を快くお貸しいただいたのは、 ネイルとフェイシャルのサロン「かのか」さん。根室にいることを一瞬忘れるような、洗練された場所です。どうもありがとうございました。
https://www.canoka.com

香りはその人の力になる

大きな企業からもじわじわと「香り」が注目されています。アロマ、心身への影響をもたらしやすい天然香料の精油の香りは、いい気分、からその先へも行ける。その人の良さを引き出す。でも実は「いい感じ」「いい気分」てとても大事で力のあるものです。そこが大事にされている人は、あらゆる面で強く優しいはず。アロマはそれを簡単に整えることができるすぐれものです。

「自分だけのいい香りをつくる、アロマ香水レッスン」は、自分だけの香りを しかも自分でつくる。すごく、アロマテラピーだと思います。

こちらは個人レッスンですのでお申し込みは随時受けております。
ご希望の日程やご質問など、お気軽にお問い合わせください

明日まで、作品展示中です。@つぎのカーブ

香りと言葉、写真の作品を現在ある企画展へ展示してもらっています。

新宿御苑前より徒歩2分ほどのマンションの一室のギャラリー「つぎのカーブ」さん。数年前に香りを展示したい、ということを申し出た時に 快く受け入れていただきました。そこからポツポツと、お世話になっています。

今回は、キッチンのあたりに飾っていただいています。個人的にはベストポジション。

展示は明日 5月11日 17時までです。
私は仕事のため在廊しておりませんが、多数の作家さんがそれぞれの分野の力作を展示されています。ぜひご覧になってください。

つぎのカーブ
https://blog.goo.ne.jp/next-curve