香りの使い方|アロマテラピー

10月になってぐっと寒くなったかと思えば、昨日や今日は30度近い気温で、体がついていけません。実は、こうした体のストレスは心にも影響しています。

心と体のつながり

心と体は繋がっている・・・聞いたことがある方は多いと思います。でもなんとなくスピリチュアルな方面の話かな、と捉えられがちですが、そんなことはありません。体の動きや機能と心を支配しているもの「自律神経」によってつながっています。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、交感神経は活動している時、副交感神経は休息の時に優位になります。人のバランスはこれによってうまく保たれています。しかし普通に生活していると知らず知らずのうちにストレスを溜め込んで交感神経ばかりが優位な時が増え、バランスを崩してしまいがちです。 “香りの使い方|アロマテラピー” の続きを読む

充実とほてりの間で揺れる年頃|更年期とアロマ

暑い関東。湿度が高いのでなおさら辛いです。年々私も歳をとっているので、体力的に大変。そして、さらに、更年期の影響も徐々に受け始めているような気がします。仕事や生活は若い頃よりもやりやすく充実していると思いますが、体の変化には抗えません・・。

更年期、更年期障害とは

更年期とは一般的に女性の閉経の時期の前後10年間のことを指します。個人差がありますが、平均的に50歳が閉経なので、おおよそ45〜55歳の時期を指すそうです。この時期は次第に閉経へ向け、また閉経後の不安定な時期に女性ホルモンが不足することによる心身の不具合のことを更年期障害と言います。症状で多いのは「ほてり」「汗」「動悸」「倦怠感」「イライラ」など様々。原因には諸説ありますが、これまで定期的に脳の指令に従って出されていた女性ホルモンが卵巣機能の低下により出せなくなることで、自律神経や他のホルモン系等にもエラーが起こりバランスを崩す、という説明が多いです。

アロマで更年期の辛さをなんとかできる?

“充実とほてりの間で揺れる年頃|更年期とアロマ” の続きを読む

眠れるアロマ、が効かない理由|メンタルアロマ

生活にアロマを使っている方の多くは、リラックスシーンで用いているようです。家でゆったり、入浴、そして、眠る前。「眠れるアロマ」ではラベンダーが有名。実際ラベンダーには血圧が下がるような働きがあるためふわっと眠りにつきやすい精油です。

ラベンダーで眠れないのはなぜか

しかし多くの方が好むといわれているこの精油でも眠れない方がいらっしゃいます。「友人がプレゼントしてくれたんだけど、ぜんぜんだめで・・・」という方、実は割といらっしゃいます。なぜなのでしょうか。

 

■ ラベンダーの香りが苦手

これはもう絶対に無理でしょう。苦手なものを意識することでゆったりとは反対の状況に体が反応します。アロマテラピーは本来、いい香りを感じながら心身のバランスを整えるものなので、嫌と思ってしまうと難しいのです。この辺が薬と違うところですね。

 

■ 眠れない理由が解決できていない

ラベンダーはふわっとリラックスして緊張を解きほぐすのに一役かう精油ですが、すべての緊張を絶対に解くかというとそんなことはないです。眠れない、その理由が単純にふわっとなるだけでは解決できない限り、香りで眠りにつくのは難しいのです。

たとえば、
・やることがいっぱいで頭が忙しい、
・心配事がたくさんで気がそぞろ、
・ショックな出来事があって悲しくしょうがない、

といった場合には ふわっとする前にまずこれらにアプローチした精油を用いたほうが良い結果がでる確率が高くなります。ちなみに暑くて寝苦しい時にラベンダーを嗅ぐとむさっとして余計に眠れなくなる可能性もありますね。
暑いならば体感温度を下げる香り、ペパーミントなんかがオススメです。

 
眠れない理由と向き合って精油を選び、そこからほぐしていくのが良質な眠りの近道となるでしょう。

 
 
—————

リクトでは7月より健康相談を始めます。詳細こちらです
看護師、予防医学指導士、セラピスト の視点を活かしながら心と体を健康へ導くお手伝いをさせていただきたいと思います。

予約制、30分(初回50〜60分)4000円 予定
気になる方はお気軽にお問い合わせください

 

5月病にアロマは使える?|メンタルアロマ

大型連休もすぎてほっと一息、そして。憂鬱な気分になっている人もいるかもしれません。

5月病ってほんとにあるの?

5月頃に抑うつな気分が続くことを5月病と呼んでいますが、正式な病名ではありません。正式には、「5月にかかる抑うつ状態」、ということになります。

5月病の原因

この抑うつ状態の原因は「変化疲れ」にあります。新人さんはとくに多いですが、それだけでなく、会社の部署が変わった、昇進した、引っ越したなど大きな変化が春にあった人におきやすいといわれています。この変化をどう受け止め、付き合えているか、が5月病になるかならないかの鍵になりそうです。

5月病の対策は?

“5月病にアロマは使える?|メンタルアロマ” の続きを読む

つらい花粉症をアロマで乗り切る方法

関東は桜満開。
桜以外のお花もたくさん咲いて、春気分が高まりますね。
草花が芽吹くこの季節はお散歩が楽しい。
しかし、
花粉症だと手放しで楽しめない、という悔しさがあります。

花粉症は本当に辛いもの。
夜中でもいつでも鼻水、鼻づまりで頭がボーっとしたり
目がかゆくてかゆくて気が狂いそうになったり・・・しませんか。 “つらい花粉症をアロマで乗り切る方法” の続きを読む

花粉症対策のアロマ|からだとアロマ

まだ寒いですが、花粉症の方はそろそろ感じているのではないでしょうか。
花粉症。
お薬も気軽に買えるようになりましたが、
もうちょっと気分も明るくなるような方法で花粉症対策をしませんか?

花粉症のしくみ

ところで花粉症はどんなしくみで起こるのかご存知ですか? “花粉症対策のアロマ|からだとアロマ” の続きを読む

インフルエンザとアロマ|からだとアロマ

不意に思い立ってアロマテラピー的なことを書いてみます。

冬から春は
インフルエンザ、花粉症
と、アロマが登場する機会が多くなりますが、
こういう健康面に対してのアロマって、
使ったことはありますか?

インフルエンザにアロマがよい、という理由

インフルエンザは感染症のひとつです。
くしゃみや咳などから、空気中で感染する感染症。
拡散するので感染しやすく、注意が必要、というのはご存知ですね。 “インフルエンザとアロマ|からだとアロマ” の続きを読む