実は簡単すぎるアロマテラピーの方法

リクトでは調香をメインにいろいろしていますが、
アロマを扱う、ということでやはり少なからずこの質問があります。

「アロマはどうやればいいの?」

アロマで調べると「基礎知識」とか「これだけは知っておく」みたいな記事がたくさんあるので、なんとなく「アロマは簡単じゃない」イメージが刷りこまれていそうな気がしてなりません。 “実は簡単すぎるアロマテラピーの方法” の続きを読む

アロマって何ですか?

先日、「アロマって何ですか?」というとてもシンプルな質問をいただきました。こういう質問に、色々な先生はどう答えるのだろう。

参考までにわたしなりの答えはこうです。

アロマとは香りのことです。

今「アロマ」といえばほぼ9割がたアロマテラピーもしくは精油のことをあらわします。しかし、こんなふうにアロマテラピーが流行る前はアロマといえばコーヒーの香りのこと。わたしが子供の頃はコーヒーのCMなどで「コーヒーのアロマ」という言葉を聞いたものです。確か東京駅の近くに「喫茶アロマ」というお店もありますよね。

アロマテラピーとは

しかしアロマテラピーが15年ほど前から流行りだしてずいぶん浸透し、今では多くの雑貨屋さんでも見かけるほどポピュラーなものに君臨。そろそろコンビにでも扱うのではないか?と予想しています。
そしてアロマといえばこのアロマテラピーに使うもの、精油のことをほぼ指すようになりました。アロマテラピーとは芳香の療法という意味で、香りをかいで心地よさを感じながら心身のバランスをとるセラピー、というものです。ですので香りありき。成分の力はもちろんありますが、それならば薬となってしまう。薬であることが先ではなく、まずは香りがあることが大事です。

香りが嗅覚ルートや血液ルートに乗って、心身のバランスをとるのに役立つ、それがアロマテラピー。嫌いな香りだとこれはうまくいきません。「いい香り」という心地よさが自律神経をリラックスモードにすることも、その成分にプラスして働きます。

似たような香料ではうまくいかない

今、100円ショップなどでも「アロマオイル」というものが売られています。
精油は同じ量でも1000円近くしますから、当然リーズナブルなほうを選びたいですね。しかしこの価格の差には理由があります。
冒頭でも書いたとおり、アロマは香りという意味。ですから香っていればアロマといえるのです。香りグッズはアロマグッズです。しかしアロマテラピーに使うものは「それっぽい香り」だけではない精油のほうを使います。それっぽい香りには、本物の香りの特徴的な成分だけを真似した科学香料なので、アロマテラピーの「●●によい」という期待には応えてくれないことが多いです。精油には香りの特徴的な成分のほかに、たくさんの種類の有機化合物が含まれています。なかには人間が認識できない香りも含まれており、それが心身にとって必要なものだったりするケースもあります。だから、似たような香りでは心身のバランスをとるのが難しいのです。

必要な香りは自分で選べるようになっている

●●によい、ということを期待してその精油を選んでもうまくいかないことがあります。それは、自分で意識しているトラブルと本当のトラブルに差があることがあるからです。アロマテラピーは嗅覚という最も本能に近い感覚を利用したものですから、それを使わない手はありません。情報から入るより勘から入る。感覚からはいる。そうして人の動物的な感覚の目を覚ますこともアロマテラピーを実施する意味の一つです。

情報はもういっぱいあります。実験と開発もたくさんしてきました。解明されてきたこともずいぶんあると思います。
知ることはすばらしいです。ですが、知るだけで終わっていることが多いように感じます。知るとわかるは違うこと。わかるためには体験が必要。体験をものにするにはセンスが必要。そのセンスを磨く助けにも、アロマテラピーが役立ちます。

アロマサポート、とリクトがうたっているのはこういった意味のことで、アロマで感性や人間力を上げたり、ナチュラルに生活や健康面に生かしたり、色々できることがあります。
感性を高めたい方には、リクトのアロマワーク「aroma* voyage」がおすすめです。

リクトは千石にショップ件サロンを構えました。
サロンメニューは随時受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。

香りと記憶

先日、2年ほど前にアロマ香水のオーダーをしていただいた方と久しぶりに再会。
その方は、ご自身と、お母様にもその香りをプレゼントされたのだそうです。そして、
「母は亡くなるまで大事にその香りを離さなかったんですよ」
というお話を聞かせてくださいました。

人は死ぬまで感情は残ります。
記憶や理解力が曖昧になっても、それは残るそうです。
そして 死んでからその先の世界へは、
心しか持っていけない。
心、もしくは愛とかそういうものをもって
また生まれ変わるのかもしれません。

死んでからの話だけでなく、
もちろん 今生きている現在の
そういうものは大切です。

普段私たちが情報を得ているのは目からの情報が8割です。
しかし、割合は少ないですが
鼻からの情報がないと、きっと味気のない世界だと想像します。
記憶には意識して覚えるものと、無意識に覚えるものとがありますが、
鼻とリンクしているのは、どちらかといえば無意識の記憶のほう。
ですから、理解できなくても
感情といっしょに記憶される確率が高いのです。

先ほどのお母様にとっては、香りとともにいることが
感情のなにかにヒットしたのでしょうね。
それは安心なのか、喜びなのか知ることはできませんが
心を動かすことに役立てたことはとてもうれしいエピソードでした。

生姜でポカポカ。それはアロマでも同じです

12月も後半ですものね、というかあと10日。寒いです。
おまけに今、エアコンが故障してしまい・・・
寒いのなんの。
小さな電気ストーブで何とかしのいでいますが、
やはり、寒いのです。

ということで、暖かくなるアロマのご紹介。

皆さんご存知、

ジンジャー

です。

いわゆるショウガ。
しかし、ショウガのアロマがあるのはあんまり知らないかもしれませんね。

ショウガの「温める力」はよく知られています。
甘酒に入れる、ホットジンジャー、など
わたしもしょっちゅう食しています。

その力はアロマでも同じです。
香りを嗅ぐだけでぽかぽかしてきます。

香りのイメージは、強くてちょっと辛め、でも甘さもある
そんな感じです。
単品で使うよりも、何かとあわせて使うのがおすすめです。
個人的おすすめブレンドは、
ゼラニウム。
身体が冷えて疲れたな、と思ったときに
お試しください。
また、スパイシーな香りが気分に刺激を与えて
原動力ともいえるパワーももらえそうです。

面倒でなければ、マッサージ用の植物オイルに希釈して(1%推奨)
セルフマッサージをするとよいと思います。
ただし、刺激もあるので 顔はやめましょう。

アロマとリラクゼーション。ヘッドケアが注目の理由

アロマはリラクゼーション施設に随分浸透して
古くからありそうな指圧のサロンにも「アロマ」と書いてあったりして
面白いなと思います。

私は香りの調香のほか、
アロマとヘッドケアのセラピーもしています。

ヘッドケアは脳疲労を緩和する、と
最近はそういう言い方でずいぶん広まっているみたいです。
わたしがこれを始めたのはかれこれ10年ほど前で、
その頃はまだちょっと珍しく、
癒しの世界でしか受け入れられなかった覚えがあります。

脳は身体も心も支配しているところ。
そこが疲れると身体も心も不具合が起こるのは当然。
ヘッドケアがいいのはそういう理由です。

ヘッドケアは外側のアプローチですが、
アロマは内側からアプローチします。
外からも中からも、強くない刺激で
バランスを取り戻すのが得意です。

ちなみに、ヘッドケアのサロンのサイトはこちらですので
よかったらご覧くださいね。
https://nsnaomipm.wixsite.com/lykt-nsalon

香りとリラクゼーション

アロマといえば癒し、という
イメージを持つ方が多いはずです。
もちろん、香りはそういう効果がありますし
アロマテラピーは、香りを使ってバランスを整える療法です。

ただし、使い方を一歩間違えると
アロマでも「臭い、不快なもの」ものになってしまいます。

Unicode

“香りとリラクゼーション” の続きを読む

知識が脳をダメにする?アロマは鼻で判断する

先日からブラッシュアップのためにアロマの個人レッスンを受けています。

毎回心に残る内容があるのですが、
今回は
「アロマの品質は鼻で判断しなさい」
でした。素敵! “知識が脳をダメにする?アロマは鼻で判断する” の続きを読む