お守りアロマとは?|スピリチュアルアロマ

神社などにある「おまもり」は一般的に身近な存在ですね。ここぞという時、危険のないように、と どこかで神様の存在を信じている表れと思います。本来日本人はスピリチュアルな人種なんだそうです。

神社にある以外のお守りとは?

(これはいつか見た昼間の星の写真・・・ 霊とかではないです)

スピリチュアル方面にあまり関心のない方にとっては、たとえば「記念品」とかではないでしょうか。大切な人から頂いたもの、形見など、どこかその人に守られている感覚をもてるようなものを、お守りとして持つことはありそうです。
ほかには、パワーストーン。石にも力があり、目的別にそれを持つことで願いが叶ったり守られたり。ブレスレットで身につけている方は多いですよね。

.

香りのお守りとは? “お守りアロマとは?|スピリチュアルアロマ” の続きを読む

魔除け香水?|スピリチュアルアロマ

以前にもどこかで書いたかもしれませんが、うちにサイトにいらっしゃる方のキーワードに「魔除け」がかなり多いんですよね。
今日は節分なので、なんとなくそういうことを書くことにしました。

香りが魔除けになる理由


.

魔除け、という言い方は実はあまりしっくりこないのですが、
邪気払い、とか 浄化、という言葉なら個人的に納得いきます。
魔除け、というと 「魔」がいる前提でなんだか怖いので。

さて、なぜ香りが魔除けになるかも?と思われるかといえば、これはずいぶん昔、紀元前くらいまでさかのぼります。日本ではなく、中東の歴史のなかに、香りを焚いて神に捧げるという風習があります。上に立ち上っていく様が「神につながる」とされ、儀式などで使われていました。日本でもお寺でお香を焚きますが、あれと同じですよね。

アロマテラピーでは精油を使うので、焚くことは一部の場合です。焚いたとしても目に見えません。しかし香りは上に登っているのです。目に見えなくても上に立ち上る。揮発性の有機化合物。人口の香水で使う安定剤・定着材入りのものではこの役目は少々薄いのではないでしょうか。

.

魔除け、浄化にオススメのアロマブレンド

揮発性の高さで言えばレモンですが、歴史の中でよく登場するのは
フランキンセンス、ローズマリー
これらをうまくブレンドして好みの香りを探っていくのがいいと思います。

ブレンドのコツは「メインにしたい香りを決めること」。
あれもいいしこれもいいし、と迷ってしまうと落ち着かない香りになりがちです。そういうときにはいっそ2種類作って使い分けた方がいいでしょう。

.

魔除けアロマブレンドレッスン?

通年通してこんなにも需要がありそうならば、いっそ魔除けに特化した調香レッスンをしようかな?と考えています。
個人レッスンも可能ですので、ぜひ日程希望など合わせてご相談ください。

.

.

香りで開運、はできるのか?|スピリチュアルアロマ

開運、引き寄せが一部の人の言葉ではなくなった今、ずいぶん意識される方が多くなったように思います。あなたが普段から気にしている「運気」に関することはなにかありますか?

良くある開運アイテム

“香りで開運、はできるのか?|スピリチュアルアロマ” の続きを読む

お守りアロマ、という使い方|アロマ香水

ふとラジオから「お守りアロマ」という言葉が聞こえてきました。
そのあとよく聞く時間がなくて 内容はわかりませんでしたが、アロマをお守りとして使う方法はありかなと思います。

お守りアロマって?

“お守りアロマ、という使い方|アロマ香水” の続きを読む

香水は魔除けにもなる?香りの意外な力|スピリチュアルアロマ

あなたは香水を普段から付けていますか? 香水をつける理由は色々あると思います。気分を高めたり、ファッションとしてつけていたり。でも、魔除けのためにつけていますって方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

香りは身を守る?

その昔、クレオパトラもキフィという香水をつけて自分をアピールしていたそうですが、香水はこうしたファッションの他に「魔除け」という意味もあるそうです。香りで身を守る。特に霊的なものでなくとも、いやなエネルギーから守ってくれるといわれています。

アロマには「スピリチュアルアロマ」というジャンルがあり、そのなかに「浄化に効くアロマ」というものがいくつかあります。実は私も大事な場面の時には意識して使ったりします。

浄化によいアロマとは

アロマと一般的に呼ばれ使われているもの、正確には「精油」というものです。古くからある香りは自然のものから採っていました。しかし今では精油は高価になってしまい、市場の香料の殆どは合成香料です。一般的に売られている香水の多くは合成香料でできていますので、浄化を目的にするなら天然香料の「精油」を使うことをおすすめします。

浄化や魔よけによいと言われるものはローズマリーです。
昔から、西洋ではローズマリーに関連したおまじないもあるほど。ローズマリーは強めですっきりしたハーブの香りで、単品では少々きつめに感じますが柑橘系やフローラルの精油とブレンドすると柔らかく感じられます。なお、精油は植物由来といえどかなり濃度の濃いものなので、直接原液を肌などにつけるのはおすすめしません。アルコールや植物オイルに希釈してつかいましょう。

浄化アロマスプレーの作り方・使い方

スプレーは 全体の1~2%濃度を目安に作ってください。精油は一滴0.05mlですから、よく100円ショップで見かける30mlスプレー瓶だと6滴くらいです。使い方は、ローズマリーなどのお好みの精油を希釈したスプレーを、部屋や気になる部分へシュッとスプレーするだけです。出かける前に頭部と肩にスプレーするのもおすすめです。おまじないやライトワークの前の場を整えるときにもよいですね。ちなみにライトワーカー友人には浄化とその人のエネルギーを高めるような精油をブレンドして使ってもらっています。

ローズマリーのほかに精油をブレンドすると気分にも変化がつきます。ラベンダーとあわせればすこし柔らかな空気に。レモンとあわせればすっきりフレッシュな空気になります。部屋用とリビング用など使い分けるのもいいですね。

.
.

リクトでは個人様向けの調香の相談もしております。20~30分ほど対面で調香をし、気に入っていただければサンプルもお渡しいたします。ほか、こんなことできるかな?などお気軽にお問い合わせください。基本的には予約制です