写真と言葉と香りの個展のお知らせ

私の活動は香りのイメージが強いと思いますが、実は、詩の活動も長いことしています。写真は何とはなしにいつも撮っているだけですが、これもずいぶんたまりました。

そろそろこれらの総合的な発表の場が欲しいなあと夢想していた頃、ちょうどあるギャラリーのオーナーさんから声がかかりまして。恐れ多くも個展第2弾をさせていただきます。

“写真と言葉と香りの個展のお知らせ” の続きを読む

チュニジア音楽ブレンド|香階アロマ

香階の話は何度も書いております。
よく知っている、というよりも いろいろ実験しているだけなのですが。。。

アラブ音楽の特徴とその香り

今週のアラブ音楽とのワークショップにあたり その準備をするべく香りを選んできました。香階は白鍵盤の香りしか書いていないので 半音、さらにその半音という微妙な音階が必要なアラブ音楽ブレンドをつくるには それを欠かしてはならないと思ったから。 “チュニジア音楽ブレンド|香階アロマ” の続きを読む

秋の香り

10月になりました。
台風一過で今日はすこし暑いですが、涼しい季節ですね。季節の中でいつが好きかといえば、やはり秋です。寒くなる、閉じていく感じも好きだったり、植物が色づくのも綺麗だし、そしてきっと、自分の誕生日があるから、というのもあると思いますが。

では、香りでは何を連想するでしょう

“秋の香り” の続きを読む

個展終わりました。|アートと香り

9月22日の詩と香りの個展は無事終了いたしました。
ご来場いただいた方々、気にしていただいた方々
どうもありがとうございます。

オープン早々来ていただき、

じっくりと鑑賞していただきました。
ほかにも、お子様連れの方がなんと3名様。
香りに関しては小さい人にはウケがイマイチだったようですが(嗅覚敏感ですからね)下げてある布には好印象みたいで。よかったです。

じつは、
その布にもこだわりがあって
見た目以上に、肌触りというこだわりがあって
かなり厳選して決めた布地でした。

あたたかくてつめたい、という
日常にある、いえ 日常そのものには
五感で捉えた全てがインプットされている。

それぞれの布に包まれていれば
なんとかなることもあって、

そういう 肌触りをどこかに思いながら生きているんじゃないかなと
なんとなく自分にはそういうテーマがあるのです。

あたたかくてつめたい、といういわば「私のストーリー」を
この展示で表現しました。


リクトではそれぞれの「ストーリー」をイメージした調香も行っています。
単なる好みよりもずっと深く愛着のわく香りを身につけることで
あなた自身の魅力も一層引き立つと思います。

調香は予約制です。場所はアトリエ以外にも対応いたします