アロマはリラックス、だけでは時代遅れです|アロマで脳にスイッチを入れる

アロマセラピーという名前が日本に入ってずいぶん経ちました。といってもおそらくまだ20年くらいでしょうか。
アロマでリラックス、もしくは美容面でなにかと取り上げられてきたと思います。
そう取り上げられるとやはり「そういうものか」と思うのは当然。

「アロマテラピーは療法です」

しかしアロマテラピーは単なるリラクゼーションだけのものではありません。
中東を中心に昔からある代替療法のひとつ。ですので 健康に関わるものです。
エビデンスが取りにくいので未だに西洋医学中心の世の中ですが、甘く見積もると(表現おかしくてすいません)けっこうヘビーなものです。

ということで、アロマはリラックスだけではないですよ、というのが今日の話題なのですが、メディカルアロマではなく、やはり私はメンタルのお話。
リラックス、リフレッシュ。オンとオフに、脳にスイッチを入れる使い方をオススメしようと思います。

「脳にスイッチを入れるアロマとは?」

数年前に「認知症アロマ」って話題になりましたね? あれも脳スイッチの利用です。 目を覚まして集中しましょう、が「ローズマリーとレモン」、ゆったりと寝ましょう、が「オレンジとラベンダー」確かそうだったはず。
香りは鼻に入ってから、何の香りかの認識をする場所へ届く前に、本能的な反応をする部分へ先に届きます。朝はこれ、夜はこれ、という香りを繰り返すことで 覚えようとしなくてもしだいにそんな習慣になります。

ただし、ラベンダーとローズマリーは好みが分かれます。ローズマリーはとくに高齢の方には若干不評です。「湿布臭い」とよく言われます。
香りは本能の部分でいいかきらいかを判別してしまうので、イヤと思った香りは受け入れられません。イヤな香りをいくらつかっても その狙いは果たせないことが多いでしょう。

「ON/OFF アロマの使い方」

まず、スッキリする、やる気が出る、と思える香りと、 リラックスできる〜と思える香りを選びます。
 
●スッキリにおすすめのアロマ
・レモン
・ペパーミント
・ローズマリー

●リラックスにおすすめのアロマ
・オレンジ
・ラベンダー
・イランイラン

これらを それぞれのタイミングですっと香ればオーケーです。

ちなみに私は 薄めたものを手首につけたり、精油の瓶を持ち歩いて休憩の合間にかいだりしていました。いい切り替えになりますよ。

私はタバコは吸いませんが、もしかしたらそういう感じで使う、と説明すると伝わるのかもしれないですね。禁煙対策、タバコの代わりにいかがでしょう。笑

精油の香りが臭いと言われたことがあります

随分前ですが、アロマやってますという話をすると「あ。なんか臭いやつでしょ」と言われたことが、一度ありました。その時は「ああ、そういう人もいるんだなあ」とか「状態に合わない香りを嗅いだのかな」とか思ったのですが
先日ふと、ああ。もしかしたら単純なことかもしれない、と思いついたので念のため記しておきます。


「精油は変化する。酸化もする」

最近はネットで精油を買うことが多いですが、ときどきリサーチがてら店頭のサンプルの香りをチェックします。すると、時々ですが 「これ、ちがうな」というものに出会うことがあります。ようするに「臭い」のです。
一般に市販されている香水や、洗剤や柔軟剤などに使われている合成香料は、酸化しません。劣化もしにくいです。長く同じ香りを楽しみたいだけ、という場合は、ありだと思ってます。

わたしは香り自体は合成もそんなに悪くないと思っていますが、香りがいつまでも残るのがだめ。残るような材料が、体質的に合わないのだろうと思います。精油は生ものですので酸化して当然。よって、夏場は保冷庫で保存。年間通して温度や明るさに気を配っています。

店頭販売のものは、当然すぐに手に取れるように置いてあります。もしかしたら、店員に見つからないようにこっそり手につけてる人もいるかもしれません。
手につけたら雑菌が入って劣化しますし、長い間置いておけばどうしても酸化します。酸化した香りって臭いのです。

もしかしたら過去わたしに「臭い」と言ったその人は、酸化した精油が初体験だったのかも、と思いました。


「精油は食品と同じと考えて扱う」

精油は温度変化が苦手なようです。ワインクーラーなどがベストらしいですが、それに近い環境で保管することをお勧めします。キンキンに冷やす必要はありません。そして、柑橘ほど「足が速い」ので開封後は半年を目安に使い切ることを推奨されています。さらに、精油は揮発性があるので、蓋はしっかりと締めるのも大事です。

精油、アロマに関する留意事項は 各アロマレッスンでお伝えしています。
お問い合わせなどはお気軽にどうぞ

アンチウイルス・ミスト つくりました

これほど消毒・除菌が注目されたことはなかったのではないでしょうか。
自宅でアロマスプレーをつくる方も多いのか、スプレー容器も品薄・・・。プラ容器はしばらくご用意できません。

明日はwacocoroさんでアロマ喫茶カホリトです。 ケミリーの精油、アロマスプレーの販売もします。アロマスプレーの香りは毎回違います。今回は「アンチウイルス⑴」のミスト。30ml 1800円です。

内容は

・ティートリー
・レモン
・パインニードル

のブレンドです。

お好みに応じたブレンドのご相談も受けております。

感染予防はこれで乗り切る|アンチウイルス・アロマ

新型コロナウイルスで世の中マスクの買い占めがひどいそうです。
私はいつも常用しているし、たまたま年末に1箱購入したおかげで
いまのところマスクは持っています。
コンビニも100円ショップも、通販にもないみたい。

おかげで例年よりもインフルエンザの罹患率も減ったとのこと?
感染予防のちからを体感できた良い機会だったかもしれません。


「そもそも感染とは?」

ウイルスは寒くて乾燥したところが好きです。
菌よりも体が軽いので、ふわーっと遠くまで行けます。
風邪よりも感染の範囲が広いのはそのためです。

感染とは、菌やウイルスが生き物にたどり着いて増えること。
菌やウイルスがいる、生き物へたどり着く道がある(感染経路)、たどり着いた先の生き物の抵抗力が弱い(菌やウイルスが勝てる)
これらの条件が満たされた時に、感染します。

今足りない「マスク」は感染経路の遮断。
それができないなら、他のことでなんとかするしかありません。
抵抗力をつけるか、ウイルスをやっつける。
どちらかができていれば感染はまずしません。


「アロマの感染対策とは」

「アロマテラピー」というと、多くの方が「なにか塗るやつでしょ?」とおっしゃいます。実は塗らないアロマテラピーもたくさんあります。

一番簡単な方法は、「嗅ぐ」だけ。
アロマ(精油)を1滴ティッシュへ垂らして放置。精油は勝手に揮発して空気中へ広がってくれるので、空間の殺菌ができます。


「アンチウイルス、おすすめアロマ」

色々とありますが、これらをピックアップします。

「レモン」 抗ウイルス、殺菌。揮発性が高いので拡散力はナンバー1。
「ティートリー」 抗菌、抗ウイルス
「ユーカリ」 抗菌、抗ウイルス。呼吸器系に良いのでおすすめ
「クローブ」 抗菌、抗ウイルス。ちょっとコーラを思い出す香り
「オレガノ」 抗菌

*クローブやオレガノは刺激が強いので使用時は注意してください。

もしアロマスプレーを作るのならば、
これらのアロマをブレンドするのも楽しいですよ。


「アロマミストのつくり方」

・お好きな精油 10滴
・無水エタノール(あるいはウォッカ) 5ml
・精製水 45ml

これらを混ぜてスプレー容器へ。濃度は1%の計算です。

アトリエリクトではお好きな香りを自分で調合するレッスンなどもしています。
月に2日間オープンする wacocoroさんでの「アロマ喫茶カホリト」というカフェでは、月替わりでアロマミストの販売をしています。
2月は魔除け、浄化に特化した「Purify」を 30ml 1800で販売します。
殺菌にも優れたブレンドです。

2月のアロマ喫茶予定

「カホリト」の名前で都内間借りカフェを単発でしております。

それぞれの場所で、メニューも違いますので
雰囲気の違いと合わせてぜひ、お越しいただきたいです。

●2月4日(火)12時〜 アロマランチプレート
場所:浅草橋リトルジャパン(東京都 台東区浅草橋3-10-8)

ここではランチをメインとした内容。アロマを使ったごはんを、
月替わりで用意しています。
ランチタイムは15時半までなので、遅めのランチが好きな方、
脳を休めるランチはいかがでしょうか。

●2月12、13日 11時〜15時 ドリンクメインのアロマ喫茶
場所:wacocoro(大田区雪谷大塚町14-15)

こちらは酵素玄米おむすびや、日によってお弁当もある、
テイクアウトのお店です。
アロマ喫茶は玄関先でオープンしてます。イートインも可能
こちらでは精油とアロマミストの販売もしています。

●2月23日(日)15〜17時半 スイーツメインのアロマ喫茶
場所:cafe Fuze(三軒茶屋1-28-3)

アロマやスパイスなど香りのおやつがメイン。
ほんのり香るおやつ、飲み物。お散歩がてらぜひ。
アロマミストの販売もしています。

カホリトの情報は、随時instagramで更新しています
[kahorito_aroma] https://www.instagram.com/kahorito_aroma/

また、アロマ喫茶をイベントでやってほしい! など要望がありましたら
お気軽にご相談ください。

香りの行方は、あなたに届く「アロマヴォヤージュの会」します

「あ、いいにお〜い」と香りを吸い込んだあと、
その行方を追ったことはありますか?

天然の香料「精油」の香りをじっくりと丁寧に感じると、
その香りごと、その人のコンディションごとに
香りの行方が色々とある事に気づきます。
その感じたことは、だいたいその人の思い当たるところに触れてきます。
アロマの働きを知ってその香りをあたまで解析するのではなく、
からだの感じ方で、テキストにはないようなオリジナルの体験をすることは、あなたの「アロマ感」を変えるかもしれません。

—-
当日の流れ
・アロマの簡単な説明
・呼吸法
・実践
・体験シェア
・アートワークをすこし

*体験のあとにアロマドリンクをお出しします
—-

2020年1月25日(土)
11:00~12:30くらい

参加費:3500円(アロマドリンクつき)

場所:講師自宅(世田谷区奥沢。参加者へ詳細お伝えします)
最少開催人数:2名(最大4名)

事前申し込み:1月23日
当日キャンセルはご遠慮ください

主宰:アトリエリクト

アロマ香水「アトリエ・リクト」

春を待つ香り|1・2月のウェルカムアロマ

アロマ喫茶カホリト という名で展開している間借りカフェでは
ご来店いただいた方へ 香りをお渡ししています。
毎回、季節に合ったものを考えて調香しています。

11、12月はクリスマスのイメージ。
1、2月は、春を待つイメージ。
タイトルは、
「その先には、春があるから」

まだ寒いけれど、ほんのりと春の兆しも感じられることがありませんか?
たとえば、モクレンのつぼみだったり。
そんなことをイメージしたこの香りは、3つの精油をブレンドしています。
春の青さを連想させる「プチグレン」をメインに、
寒さと遠い春をイメージしたものを、それぞれ加えています。

こちらの香りは、月に一度やらせていただいている「wacocoro」さんで
サンプルを置かせていただいています。

遠い春を感じに、ぜひ行ってみてください。

wacocoroさんの「養生スープ」は 野菜の優しさと強さをぎゅっと感じられる
じんわりとくる美味しさでおすすめです。

wacocoro
大田区雪谷大塚町14-15
(水・木・金 10時半〜15時)

パーソナルカラーとアロマ

ファッション誌などで急激に認知度が上がった? と思われる、「パーソナルカラー」。
その人の肌色や目、髪などの色から自分に合う色味を見つける方法の一つ。
たとえば「ピンク」といっても 桜色からローズ、コーラルピンクと 微妙に違います。
自分に合った色味を身につけることで より綺麗に見せることができるんです。

「パーソナルカラーは4つに分けられる」

4つのシーズンに分けて考えます。
スプリング、サマー、オータム、ウィンター
季節のことばが当てはめられています。

「実は色味だけではないパーソナルカラー」

これは長くお付き合いのあるカラーの専門家から聞いたお話ですが、
パーソナルカラーは似合う色だけでなく、その人の行動もはいるのだとか。

たとえば、スプリングは無邪気、サマーはエレガント、など。
パーソナルカラーはその人似合う色と雰囲気、と捉えるのがいいでしょう。

「パーソナルカラーとアロマの関係」

アトリエリクトではパーソナルカラーと香りをマッチングさせた「色香」という商品があります。それぞれのタイプを引き立てる香り、しっくり香りを カラーの専門家と相談しながら作りました。昨年秋からはそれをベースにした「パーソナルカラーアロマ調香」というのも実験的に行っています。

どんなふうに決めたのか。少しだけお伝えすると・・・

タイプごとの色から連想する香り。行動から連想する香り。をベースに、香りとカラーのグラフや五行とアロマの関連を見ながら選んでいます。

「パーソナルカラー シーズンごとの香り」

パーソナルカラーアロマ調香で使う香りを、こっそり(?)教えます。

・sprig:オレンジ

・summer:ラベンダー

・autumn:イランイラン

・winter:ジュニパー

そしてこれらの中間の香りを見ながら、ブレンドしていきます。

これらの精油は比較的手に入りやすいと思いますので、自分のシーズンを知っている方、その香りがしっくりくるかどうか、試してみてはいかがでしょう?

個別の相談も随時承ります。
アロマ香水についてはこちらの記事もご覧ください

地球環境とアロマ

異常気象だけでなく、いろいろなところで変換期に来ているのだと感じます。
困った。と思っても何をしていいかわからない。
私はひとまずアロマのことを通して、多くの人へ興味を持ってもらうことを、地味ですがしていこうと思います。

地球の温暖化とアロマについて。
先日のメルマガに書いたものを一部抜粋して記しておきます。

「自然の資源は有限」

地球を目の前で丸く見ることができないためか、なぜか資源は使っても使いきれるものではないというイメージがあるように思います。
石油や木材。そして、私の身近なところでは「精油」。
精油にはいろいろな種類がありますが、中には何年もかけて育つ希少な植物から採れるものもあります。アロマがここまで流行ってしまたことで「ビジネスになる」と目をつけた人が買い占めたり大量生産をして植物の命を必要以上に奪っていることは心が痛いです。

「精油の知識を、トータルで知ること」

ここからはそれぞれが自分でできることで行動をする、し続けることが必要と考えます。
私はまずは、アロマを通して、伝えていこうと思います。精油の知識といえば、その働きや使い方、注意事項にとどまっていましたが、それを超えて、その植物そのものが伝わるような内容を考えていきたいです。そうして大人から子供までが正しく植物の本質を知ると、それがきっとちょうど良いアロマとの関わり方へ繋がるのではないと思うのです。

・・

資源は燃料に関するものだけではないのです。
天然の香りは、なくても生きていけるものですが
心の豊かさを保つためには必要なものだと思います。

精油と丁寧に関われる人が増えて欲しいです。

2020 本年もよろしくお願いします

あっというまに令和2年に突入しました。

昨年は、アロマ調香に的を絞って、レッスンや商品など考えてきた一年でしたが、今年はそれに加えて、アロマそのもの。精油そのものについての大切さも伝えられるような、なにかを考えて行きたいと思っています。

アロマはずいぶんと一般的に浸透し、広まった反面、「天然」であることのそもそもの部分が抜け落ちたまま「いい香りで安全」なイメージだけでどんどん使ってしまっている感じもあります。
精油のもとは植物。その種類の中には非常に貴重な、何年もかけてやっとほんの少しだけ採取されるようなものもあり。それが高価だというだけでなく、高価であるその理由まで知らずに使っているひとも案外多いのではないかと。そんな心配があります。

何年もかけて自らが生きるために蓄えた香り成分をはじめとするさまざまな力を、いとも簡単に ジャンジャン降りかけるような使い方をされているのを見るのが個人的に切なくなります。

アロマと適切に関わることは、命の大切さを学ぶことにもつながります。地球の生命体が循環の中で長い間やってきたということ。それはなにかそれ以外の力が加わることでバランスが崩れて取り返しのつかないことになるということなど、そんな環境への意識も芽生えると思います。

アロマ、という言い方ではなく「精油」という言葉にして
「いい香りだね」のその奥にある本質を多く方へシェアできるように、すすめて行きたいと思っています。

本年もよろしくお願いいたします。

2020.1.1.

Instagramはこちらで情報発信しています