嗜好としての香りを

  


  
  

香り、アロマはずいぶんと日本のカルチャーに浸透してきました。また、香害の問題も取り上げられることが増え、「香り」の重要性が認知され始めています。香りの持つ力やはたらきを知る人も増えました。こうした自然の香りへの注目が高まってきたのは嬉しいことです。

しかし、私が思う香りとの付き合い方はもう少し違うもの。成分や得られる効果からではなく、「好き」から入る嗜好としての香りです。たとえばコーヒーなどにそれは似ています。単純に好きから始めたのに深く知りたくなる。感覚が高まっていくのです。そして、「ああ、●●のコーヒーが飲みたい気分」となるのです。

  
  

  
  

香りを楽しむ場所として

コーヒーショップ、ワインバー など 好きなものにより深く関われる場所がこれらにはありますが、香りに関する場所は私が知る限りまだ多くありません。アロマショップは増えましたが、ゆっくりと本物を体験できる場所は少ないです。
「aroma-bar」は自分好みの香りを見つけたりじっくりと選んだりできる場所が欲しいと思い考えました。

  
  

いつもの、を探す

そもそもアロマバーのアイディアは15年ほど前からありました。カフェやバーにアロマのメニューがあって「いつもの。」なんて常連さんがオーダーするような光景はおもしろそうだなと。そして香りを燻らせながら一服する。一服とは、香りを一服、ということです。どちらかというと 男性の嗜好品としての想像をしました。

香り、ここで扱うものは「精油」という植物から採れる天然の香料ですが、これらの種類は100以上はあります。おなじみのラベンダーだけではないマニアックなものもあり、時に刺激的な香りもあり、アロマで癒される、にとどまらず 単純にいいなと思ってもらえることを願っています。何を選んでいいかわからない、というときには 気分や好みに合わせてご提案もさせていただきます。
  
  

  

実は思わぬメリットも

アロマは塗るもの、と思われがちですが 実は香りを感じだけでアロマテラピーになっています。
なにより、香りを吸い込むときには同時に深い息をする。深い呼吸は副交感神経を優位にしてリラックスのバランスへと導きます。「え、なにこの香り?」と繰り返し嗅いでいることが自動的にリラクゼーションになっています。

  
  

  
 

まずはシングルオイルから

aroma-barではシングルオイル7種とブレンドオイル2種を季節替りで選べるようにしています。
まずはシングルからはじめ、しだいに2種あわせて自分の好みのブレンドを探していくと、楽しくなると思います。オーダーいただいたものは試香紙につけてお渡ししますが、どんな香りかテイスティングはできます。紙につけてから時間が経つにつれ香りが変化していくことに集中するのは、ちょっとした瞑想時間にもなりますね。

現在は固定店舗がないためランチで間借りをしている都内2カ所で体験できます。

● 代官山Suppage (第1、2月曜日 祝日除く)
● 浅草橋LittleJapan (第1火曜日)
いずれも予定変更のことがあるのでinstagram「kahorito_aroma」でチェックしてから行くのをお勧めします。

年内はシングル1つ100円から。9月はランチを頼んだ方には無料でサービスいたします。 カフェで香り? と想像つかない方も、この機会にぜひ 体験してください。

  

  

  

最後に、香りは消えるもの

  

いい香りだから、いつまでも残って欲しい。 そう思う方は多いです。香りに限らず気に入ったものはなくならない方がいい。
でも、香りは本来消えるものです。香り成分が空中に飛び出して嗅覚に触れてはじめてそれは認識されますが、嗅覚はそれに慣れてもしまいやすい。さらに、揮発するものなので、時が経てばそこから消える。香りは、消えるものなのです。
香りそのものではなくその印象を心に残しておく。その体験があなたの感覚をより磨くことにもなると思います。

  
  
  
_____________________________________