「・・・」ストーリーアロマ・ポエトリーアロマ

香りと言葉でつくる世界「ストーリー/ポエトリー アロマ」
今月はこちらです。

どんなに時間をかけても
思いを込めても
なくなるときは一瞬で、あっけなく
その時にはただ
そこにいることしかできなかった

今回はno titleです。

*このストーリーには香りが付いています。
気になる方は試香紙につけて郵送いたします。お気軽にご連絡ください

今回のストーリーは毎月発行しているメルマガですでに配信されております。
読んでみようか?と思った方はこちらよりご登録ください。



メールアドレス


「秋の気配」|ストーリーアロマ・ポエトリーアロマ

今月から月に1度ほどのペースで「ストーリーアロマ」として言葉と香りの表現を紹介していきます。ご希望の方には香りをムエットにつけてお送りいたします。

〜〜〜

「秋の気配」

空の高さなど測ったことがない。それでも、
秋になると空が高いとわかる。
乾きはじめた風が頬を撫でる

聞いていない耳から蝉の声がなくなって “「秋の気配」|ストーリーアロマ・ポエトリーアロマ” の続きを読む