リードディフューザーの作り方|アロマライフ

投稿日:

数年前にインテリアショップなどで登場し、今やドラッグストアで見かけるまでになったアロマグッズ「リードディフューザー」をご存知ですか?
瓶に棒が刺さってる、あれです。(品のない説明ですみません)棒のことをリードとかスティックと呼ぶようです。

インテリアショップでは5000円くらいするでしょうか。でもまあ、香料を精油だけで作ったらそれ以上するでしょう。
しかし「ちょっと試してみたいだけ」ならば、ちょっとだけ作ってみることはできます。

香水はほのかにつける、がポイント|アロマ香水のすすめ

投稿日:

天然香料「精油」をつかった香水も世に出てきました。
合成香料に比べると 香りは弱いことが多く、物足りないと感じる人もいそうです。物足りない➡︎ つけてないみたい ということで選択しない方もいそうです。

しかしこれは香水をつける側の心境。実は、つけていない周りの人にとっては、けっこう香りを強く感じていることが多いです。香水が苦手な人にとっては「くさい」と思ったりもします。せっかくイメージアップのためにつけていても臭いと思われたら・・・ 残念ではないですか?

アロマ香水で個性を出す

投稿日:

東京は桜が満開になっているところが多いようですね。
昨日は仕事帰りに中目黒の夜桜を見に行きました。
人も多くてゆっくりとは見られませんでしたが、それもまたよし。

あれだけ咲いているのになんで桜の香りがしないんだろう・・・
なんて思いながら帰宅しました。

出会いの季節、春こそ香りで差をつけよう

香りは最近なんとなく世間でも注目度が上がっている気がします。

大使館でのアロマテラピー展。大使婦人に調香した香りを体験していただきました!

投稿日:

ちょっと慌しくしていてあっというまに12月も一週間過ぎてしまいました。

いまさらですが、
11月末に アロマテラピー展というものに参加してきたので
その記録を残しておきます。

アロマテラピー展は、
私の所属するアロマの会の年に一度のイベント。
なんと、開催されたのはチュニジア大使館でした。

香りの選び方とブレンドのコツ|アロマ香水

投稿日:

あなたは香水を選ぶとき、どんな風に選びますか?

・実際に香りを確かめる
・口コミを参考にする
・店員さんに相談

いろいろありますね。

アロマでつくる場合のおすすめは 実際に香りを確かめて、「おお、これだ!」 と思ったものをメインにデザインしていくことです。

ほのかな香りが魅力、は男性も同じ。アロマ香水の基本的なつくりかた

投稿日:

アロマショップもずいぶん増えて、
今ではドラッグストアにおいてあることもありますね。
これまで女子っぽい雰囲気で近寄りがたかった男性の皆様には、
気軽に立ち寄れるこの傾向はよいですね。

アロマ男子が増えてきたように思われるこの頃ですが、
「自分でアロマコスメをつくってます」
という域まで行っている方は少ないのでは?

香水、つくるのは簡単です。

セレブも注目の、オーダーメイド香水

投稿日:

世界に一つの香水。
確かフランスに、香りをその場で調合してくれるお店の本店があり、
とあるセレブが利用したことで一気に有名になったお店が
代官山にあります。

興味があって、一度行ってみました。
雰囲気は「ラボ」のイメージで個人的にストライク。
調香師が個人に合わせた香りを作ってくれ、その場で渡してくれる
というものだそうです。

男性のアロマフレグランスのセッションをしました

投稿日:

暑い日が続いています。

こんな日は、海や森で涼みたいですねー

先日、ある男性お二方の香水ブレンドをさせていただきました。

 

イメージを伺いながら香りを作り上げていくのですが

お一人は芯があってハッとする様な・・・ というイメージ

もう一人は透明な海の様なイメージ

その他にももっと詳細のご希望がありましたがここでは割愛します。

 

どんな風に香りを組み立ていくのかというと、